水中毒による症状

水の過剰摂取によっておこること

中毒症状が出る水分量

健康や美容にも効果があり、毎日飲みましょう、と言われることが多い「水」が、あまり飲みすぎたりすると健康を害することになってしまうことを多くの方は知りません。今回は、どれくらい飲んだら健康を害することになるのか等について詳しくお話をしていきます。水を飲みすぎると中毒症状になります。これは、大量に飲むことによって血液中のナトリウムの濃度が低くなってしまうために起こる症状で、低ナトリウム血症と言います。症状としては、疲労感、頭痛、嘔吐、けいれん、てんかんなどです。また、10リットルくらい飲むと致死量になるとまで言われています。健康や美容にいいと思って飲みすぎると大変な中毒になってしまうので、飲みすぎには注意しましょう。

水中毒と多飲症の関係

水中毒は、本来は、喉が渇いたら水を飲みますが、多飲症という症状を発症している場合には、普通ある程度飲めば満足して、飲むことをやめます。しかし、飲むことに関してセルフケアの能力が低下しており、体重が著明に増加してしてしまうくらい飲んでしまいます。そのため、日常の生活に様々な支障をきたしてしまうことになってしまいます。それによって、場合は、放置すると重篤な合併症を引き起こしかねない状態に陥ることが多くあり、そのため、早期発見、早期介入が必要となります。一日に飲む必要がある水の量としては、1,5ℓから2ℓ程度飲むのが適量とされております

新着情報

↑PAGE TOP